一人暮らしの家電製品でわくわくした気持ちに

就職が決まり仕事に慣れるまでしばらくの間は実家のお世話になっていましたが、 お金も少し貯まってきたので、 いつまでも住むところのお世話になっているのも両親に甘えていると思い、 一人暮らしを始める事にしました。 改めて一人暮らしのために必要な道具や家電製品、 そして何より月々にかかってくるお金を計算してみると、 結構な予算がかかり大変なものだなと痛感しました。 まずは住む所を探さないと何も始まらないのでインターネットで検索してみることに。

会社からも近く家賃も自分自身の収入でもやっていけるところをいろいろと調べてみました。 写真とともに部屋の間取り情報が載っていて見ているだけでも楽しかったです。 しかし家に住むのも敷金や礼金、管理費など様々なお金がかかってきます。 実家暮らしがどれだけ楽をさせてもらっていたかということを、またここで改めて痛感することに。

数件物件の目星をつけ不動産屋さんへ連絡をすると、 ネットには掲載されていない新しい情報なども含めて親切に相談に載ってもらえました。 後日その内の一件に無事契約。 部屋がやっと決まったと安心もしていられず、 次は必要な家電製品や生活必需品を買い求め、 家電量販店にホームセンターへとバタバタと駆け回ることに。

あれこれと忙しかったですが、一人暮らしのための買い物と思うと、 何かわくわくした気持ちとともに楽しみながら選択することができました。 こうしてなんとか一人暮らしを始める事ができ、 怠惰を注意してくれる人間がいないという自由な生活を満喫しつつも、 体調が悪い時にどこか一人は心細いなと思う毎日を送っています。