水分を摂る事は便秘改善になります

私はコーヒーが大好きです。でも最近ではそのコーヒーは飲まないようにしています。便秘に水分は良いと聞いた事がありましたが、コーヒーは別だったのです。お水を飲んで、体の内側からきれいにならないと、便秘が治らないのです。その事を知って、私は大好きなコーヒーは封印する事にしました。

天然水を飲んでいます。家にウオーターサーバーを置いて、毎日美味しい新鮮なお水を飲むようにしたのです。飲み物から変えて便秘を改善したかったのです。

いとこも私と同じように、ずっと以前から便秘で悩んでいました。そのいとこの家に行ったら、なんと以前はなかったはずのウオーターサーバーがあったのです。毎日お水を飲んで、便秘がなくなってきた事を聞きました。これだ、と思いました。

しかもいとこの肌がとてもきれいになっていました。便秘が改善されたら、肌も透明感があるきれいな肌になてきたみたいです。私もニキビがひどくて、いつも肌が荒れている状態だったのです。いとこももっとひどかったのです。それなのに本当にきれいになっていて、とても驚きました。

水分を摂る事で便秘が改善して、しかも肌まできれいになったのです。いとこの真似をして、毎日新鮮なお水を飲んでいます。気が付いたら便秘が改善されていたのです。
便秘改善サプリ

旦那と離れてひとり暮らしをした思い出

主婦の私にとっては「ひとり暮らし」というのはとても懐かしい響きの言葉です。 私には子どもはいませんが、主婦なのでもちろん旦那はいるので、 もう数年来2人暮らしを送っています。 そんな主婦の私ですが、結婚してから数年後の2年ほど、ひとり暮らしをしたことがあります。

旦那の仕事の都合で、別々に暮らすことになったのですが、 久しぶりのひとり暮らしで独特の解放感があって、特別な時間を過ごすことができました。 その時は私も仕事を持って働いていたので、料理はほとんどせず、 仕事帰りにスーパーやコンビニでお弁当や出来合いのお惣菜やサラダなどを買うことが多く、 掃除も洗濯も週末だけ、という専業主婦をしている今では考えられない、 ちょっとうらやましいくらいの生活を送っていました。

テレビの番組やDVDの映画も自分の好みのものを選択できるし、それ以外にも食事にしても、 時間の使い方にしても「自分の好み」を押し通すことができるのが、 一人暮らしの醍醐味だったのではないかなぁと思います。 やっぱり、2人で生活を共にしていれば、相手のことを考えなくてはいけないし、 自分の好きなことだけをすることは難しいですからね。

それだけ自由を満喫した2年間を終えて、 単身引っ越しするときは少し残念で寂しい気持ちも正直ありましたけれど、 夫婦で再び一緒に暮らせることの幸せのほうが勝っていたかもしれません。 2人暮らしにはそれなりの楽しみや喜びがありますから。 でも、時にはひとり暮らしをしたいなって密かに思ったりもする今日このごろです。

自分磨きのいい機会

一人暮らしといっても、学生の一人暮らしと、社会人になってからの一人暮らしとでは、 大変さが全然違います。 進学して初めて一人暮らしをした時には、家族のありがたみを身をもって感じる事でしょう。 学生時代から感謝を覚えられる事はとても良い事だと思います。 勉強すべき意味も多少は影響を受け、意識が変わってくるかとも思いますから。 そして時間を有効に使え、有意義なものとなるでしょう。

しかし、社会人になってからの一人暮らしというものは、本当に大変です。 毎日ヘトヘトになるまで仕事をし、帰って来てからはバタンキュー。 食事は外食で済ませ、家事をしない人もあるでしょうが、洗濯はどうにもなりません。 休みの日には洗濯物大会でしょう。自分で上手くコントロールしてやっていかないと、 身体を壊しかねません。

一人暮らしには、自己管理能力が必要不可欠となるのです。 言い換えれば、自己管理能力が備わるともいえるでしょう。 社会人の一員として、責任を持って自立出来る能力を身につけることとしては、 一人暮らしという選択は、とても良い事だと思います。 しかしながら、家に帰れば一人。 会社の張りつめた緊張感から解放され、ついつい気が抜けてしまうものです。

リラックスするという意味では、とても解放されてよい状態なのですが、 一歩間違えると、自己中心的な要素を持ってしまうことになり兼ねません。 自分磨きの場所と適度なリラックス空間として、 上手く付き合っていきたいものですね。

一人暮らしの家電製品でわくわくした気持ちに

就職が決まり仕事に慣れるまでしばらくの間は実家のお世話になっていましたが、 お金も少し貯まってきたので、 いつまでも住むところのお世話になっているのも両親に甘えていると思い、 一人暮らしを始める事にしました。 改めて一人暮らしのために必要な道具や家電製品、 そして何より月々にかかってくるお金を計算してみると、 結構な予算がかかり大変なものだなと痛感しました。 まずは住む所を探さないと何も始まらないのでインターネットで検索してみることに。

会社からも近く家賃も自分自身の収入でもやっていけるところをいろいろと調べてみました。 写真とともに部屋の間取り情報が載っていて見ているだけでも楽しかったです。 しかし家に住むのも敷金や礼金、管理費など様々なお金がかかってきます。 実家暮らしがどれだけ楽をさせてもらっていたかということを、またここで改めて痛感することに。

数件物件の目星をつけ不動産屋さんへ連絡をすると、 ネットには掲載されていない新しい情報なども含めて親切に相談に載ってもらえました。 後日その内の一件に無事契約。 部屋がやっと決まったと安心もしていられず、 次は必要な家電製品や生活必需品を買い求め、 家電量販店にホームセンターへとバタバタと駆け回ることに。

あれこれと忙しかったですが、一人暮らしのための買い物と思うと、 何かわくわくした気持ちとともに楽しみながら選択することができました。 こうしてなんとか一人暮らしを始める事ができ、 怠惰を注意してくれる人間がいないという自由な生活を満喫しつつも、 体調が悪い時にどこか一人は心細いなと思う毎日を送っています。